スキルアップするための研修の選び方

看護師として仕事を続けていくうえで、スキルアップは欠かせません。「日々進歩し変化していく医療現場に対応するため」「専門分野の知識を深めるため」「自分の看護知識や技術の向上」など、その目的はさまざまです。スキルアップの手段として身近なものが研修です。

看護師が受ける研修にはいろいろな種類があります。一般的な病院勤務の看護師が受けやすい研修について例をあげてみます。まず、自分の所属している部署で行われている研修は、もっとも参加しやすく頻度も多いといえます。実際に日々必要とされる看護に沿った内容であったり、勉強会のような気軽な形であったりすることも多いです。中には、参加が義務付けられているところもあるかもしれません。大型の病院における院内研修では、いろいろな診療科の看護技術について研修が行われていることが多く、専門性を高めることができます。

そして、院外研修では職場の外に出て研修を受けることになります。院外研修では看護師だけでなく、医療、福祉、教育など、職種の垣根を越えて対象者が集まることも多いです。そういった研修は看護協会、病院、企業などが開催しており、一日だけではなくコース制のような形をとっている場合もあります。所属している職場の院内での研修は、人材育成や日々の看護業務の一環として取り入れられていることが多いため、ほとんどが無料で行われています。しかし院外での研修は、研修の参加や内容の選択自体が自主的な選択によるがほとんどで、自費での参加が多くなります。そのため、まずは所属する医療機関で開催される研修を受講し、徐々に視野を広げて必要なものを選択しつつ看護師としてスキルアップできる研修に参加するようにしましょう。