研修制度が整っている職場の特徴

看護師が日々の業務の中で専門性を発揮するには、興味がある診療科目の経験を長く積むのはもちろんのこと、適切な研修を受けることがとても重要となります。医療の質の向上を目標に掲げている医療機関の中には、優秀な看護師を育て上げるために様々なスキルアップ制度を取り入れているところも多く、新人から経験者まで安心して業務に取り組める環境が整いつつあります。特に、若手の看護師が不足している大型の病院では、新人看護師がスムーズに仕事に慣れることができるよう、入職二年目から三年目の先輩看護師がマンツーマンで指導を行うところが多くあります。

また、中堅のスタッフの研修の一環として、外科や内科などそれぞれの専門分野の勉強会やミーティングなどを定期的に開く医療機関の数も増えており、新人ではない看護師も将来に向けて着実にスキルを磨くことができます。高度な医療が提供されている病院においては、専門看護師や認定看護師などの資格取得を目指すスタッフを対象に一定額の手当を支給したり、外部機関で行われるセミナーの受講を勧めたりしているところも目立ちます。看護師の研修制度の内容については、それぞれの医療機関の運営方針や配属先などによって大きな違いがあるため、求職中に自分に合った研修を受けられそうな職場を見極めることが肝心です。その他、再就職を考えているもののブランクが気になる人は、新人看護師と同じように働きながら看護技術を磨ける職場を探すことが大切です。