キャリアアップに有効な専門的資格

看護師がスキルアップするためには、特定分野の専門家として認められる認定看護師や専門看護師といった資格を取得することは有効です。こうした資格を取得すれば、専門分野に関する医療技術について熟知していることがわかります。専門医との意思疎通もでき、現場で他の看護師を指導する立場に立つことが可能になるのです。専門看護師の資格取得には看護分野の大学院卒業単位を取得しなければならないため、一般の看護師にはハードルが高いと言えますが、認定看護師であれば一定の実務経験を経た後に研修を受け、認定試験に合格することにより資格取得にチャレンジすることができます。そのため、認定看護師の研修受講希望者は年々増えている傾向が見られます。

また、認定看護師になれば、特定行為研修を受講することができ、医師からの包括的指示さえあれば看護師自らの判断で医療行為を行うことができるようになります。医療行為は、本来医師からの具体的指示が無ければ看護師が施すことができないと定められていたのですが、特定行為研修の資格を取得した看護師独自の判断で、必要な医療行為を実施することができるようになりました。これにより医師の負担が減り、医療がスムーズに行われることが可能になったのです。このようなスキルアップを支援するため、多くの医療機関は積極的に看護師に研修を受けさせるようになりました。特定分野で活躍できる資格を取得した看護師は、現場で看護主任や看護師長などを任される機会も増えるため、キャリアアップの道も開けるでしょう。